清水エスパルスにも所属した「小さいおっさん」ことブラジル人MFフェルナンジーニョがJ3ガイナーレ鳥取に加入することになりました。

鳥取の魚で得た資金も活用! J3鳥取がJでの経験豊富なフェルナンジーニョ獲得を発表(ゲキサカ)
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?141218-141218-fl

news_141218_1

05年のG大阪のリーグ初優勝に貢献し、その後も多くのJクラブでプレーしたブラジル人MFフェルナンジーニョが、J3のガイナーレ鳥取に加入することが決まり、6月17日に記者会見が行われた。

(中略)

長年にわたって日本でプレーしてきたとあって、日本語が堪能なフェルナンジーニョは、会見冒頭に「みなさん、こんにちは。私はフェルナンジーニョです。よろしくお願いします」と、きれいな発音の日本語であいさつ。その後も通訳を介さずに日本語で質問に答える場面も見られ、「日本でプレーしたい気持ちが強かった。帰ってくることができて、本当にうれしい。サポーターの皆さんに見せたいプレーは、ドリブルのうまさと、ゴールを決めること。必ずJ2に昇格できるように、全力で頑張ります」などと抱負を述べた。
 

鳥取の岡野雅行GMは、現在も募集が行われている選手補強費用獲得のための『野人と漁師のツートッププロジェクト』で、「相手守備陣を破壊できる攻撃的な選手」「ガイナーレ鳥取の背番号10を背負うにふさわしい選手」の獲得を公言しており、そのターゲットがフェルナンジーニョだった。背番号はもちろん10番に決定。会見に同席した岡野GMは「5月に大学生と行った練習試合でのプレーを見たとき、いまのチームに足りないのは、まさにこういうプレーだと思った。日本語もうまいし、早くチームに溶け込んでくれると思う」と獲得決定を喜び、活躍に期待を寄せた。
 
(後略)
鳥取は現在リーグ4位。開幕当初堅守で上位にいましたが、一向に得点力が上昇せず、現在は昇格圏に届かない位置にとどまっています。序盤から上位にとどまる町田、上昇してきた長野、堅守を誇る金沢に後塵を拝し、これ以上の停滞は許されませんんが、フェルナンジーニョの加入で浮上することはできるでしょうか?さすがにJ3では反則級の選手。注目です。
 
 

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ