日曜日に行われたJ3リーグ第11節 カターレ富山vsJリーグ・アンダー22選抜の試合には清水からMF石毛秀樹金子翔太が招集され、先発フル出場。石毛が今シーズン公式戦初ゴールを決めました。

00002633



左のオープンスペースに長いボールを蹴りだした石毛はそのままゴール前に上がります。石毛のパスを収めた松本山雅のFW柳下大樹がペナルティエリア内でキープし、上がってきた石毛にパス。そのパスを受けた石毛は右脚一閃、低く抑えたシュートがゴールに突き刺さりました。

しかし、試合は残念ながら1-2で敗れています。

試合後のコメント
■石毛 秀樹(清水エスパルス)

いい形で前線にボールが渡ったので、ゴールに向かって走り込めばチャンスがあると思っていました。いいボールが来たのでシュートを選択しました。少しアウトにかけて打てばゴールできると思って、イメージ通りにシュートを決めることができました。前半は悪くなかったですが、後半はオープンな展開になって、相手に勢いを持っていかれてしまいました。前半に追加点のチャンスがあったので、そこで決められなかったことが残念です。またチームに戻って頑張ります。
 
石毛は開幕後の怪我が癒え、5/2の柏レイソル戦では今シーズン初のJ1リーグ途中出場を果たしましたが、その後は再びベンチを外れています。

J3での活躍は嬉しいですが、ポテンシャルのある選手だけにJ3ではなく、J1で活躍している姿を見たいファンは多いはず。現在清水攻撃陣はメンバーがハマっている状態ですが、そこに割って入るだけのアピールを期待します!
 

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ