(旧)清水エスパルス遅報

移転しました。【URL】 http://www.spulse.info/

    大榎克己

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    今朝の静岡新聞で報じられたとおり、大榎克己監督の辞任が発表されました。昨年の7/30に就任してからほぼ丸1年で再び監督が交代することとなりました。現状では田坂和昭ヘッドコーチが監督代行として指揮をとることになります。

    大榎克己監督 辞任のお知らせ(清水公式)
    http://www.s-pulse.co.jp/news/detail/30231/
    このたび、大榎克己監督が辞任することが決定いたしましたので、お知らせします。
    なお、後任は田坂和昭ヘッドコーチが監督代行を務めます。

    【大榎前監督 コメント】
    『いつもご声援、ご支援をいただき本当にありがとうございます。しかしながら、皆さまのご期待にお応え出来ず、誠に申し訳なく思っております。昨年7月にトップチーム監督の要請を頂戴してから、ちょうど1年となります。昨年の苦しい残留争いを抜け出し、その経験から今年こそはと臨んだシーズンでしたが、これまで思うような成績が挙げられず責任を重く感じております。今は厳しい状況をなかなか抜け出せておりませんが、もちろん誰も諦めてはおりません。しかし、残りのシーズン1/3を残す今、私が身を引き、田坂ヘッドコーチをはじめとするスタッフに委ねた方がチームのためには良いと決断しました。ここに至るまでは何度も自問自答し、熟慮した結果であります。これまで一緒に戦ってきたスタッフ、選手たちには本当に申し訳なく思っておりますが、彼らの力ならば、必ず浮上していけると信じています。そして、誰よりもエスパルスを愛する気持ちはこれからも変わりません。これまで支えてくれたチーム、フロントの皆さま、スポンサーの皆さま、そしていつも温かく背中を押してくれたサポーターの皆さまに心から感謝申し上げます。これからもエスパルスをよろしくお願いいたします。』
    5164_ext_04_0
    就任当時は希望に満ち溢れていたが...。

    J1清水、大榎監督辞意 田坂ヘッドが代行か(静岡新聞)
    http://www.at-s.com/sports/detail/1174219568.html
    サッカーJリーグ1部(J1)清水エスパルスの大榎克己監督(50)が、成績不振の責任を取って辞任する意向をクラブに伝えたことが31日、分かった。後任に田坂和昭ヘッドコーチ(43)が監督代行に起用される見通し。

    大榎監督は昨年7月、解任されたアフシン・ゴトビ前監督の後任として清水エスパルスユース監督から昇格。静岡市清水区出身で、クラブの創生期に活躍したOB監督はチームの再建を託されたが、昨季は最終節でJ1残留を決めるなど低迷した。

    今季は3~5月にクラブワーストタイのリーグ戦9戦勝ちなしを記録するなど第1ステージは最下位。第2ステージも1勝2分け2敗と苦戦し、年間順位は17位。J1に残留できる15位とは勝ち点3差で、厳しい状況が続く。大榎監督の采配したリーグ戦は通算8勝9分け22敗。

    元日本代表MFの田坂氏は広島市出身。東海大一高(現東海大翔洋高)、東海大を経て、ベルマーレ平塚(現湘南)や清水でもプレー。引退後は清水などでコーチを務めた。11年、J2大分トリニータ監督に就き、12年にJ1復帰させたが、1シーズンで降格。今年6月に解任された。
    <大榎監督辞意>2年連続の途中交代 低迷状況深刻さ示す(静岡新聞)
    J1清水の大榎監督が辞意を固めた。清水が2年連続でシーズン途中の監督交代という異常事態を招いたことは、低迷からの脱却を目指すチームの現状がいかに深刻かを如実に示している。

    将来のビジョンが不透明なクラブに、魅力を感じない主力選手が2010年オフ以降、大量に去るなど、チームは基盤から揺らいでいた。補強に本腰を入れたのは、年間勝ち点で16位大宮に1点だけ上回り、辛うじてJ1に残留した昨オフから。低迷の責任が大榎氏の采配のみに帰結するものでないのは明白だ。

    1993年のJリーグ開幕から1度も2部降格がない清水の財産は「人材」にある。黎明(れいめい)期からクラブを支えてきた大榎氏は、選手やスタッフからの信望も厚い。“火中のクリ”を拾った同氏の強い要望で、巣立っていった田坂氏らOBやスタッフを清水に戻し、体制の整備は進めていたが、残り12試合。辞任の決断しか選択肢が見当たらないところまで追い詰められていた。
    【大榎克己監督が成績不振の責任をとって辞任 田坂和昭ヘッドコーチが代行へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    解任したアフシン・ゴトビ前監督に変わって、大榎克己ユースチーム監督がトップチーム監督に就任することになりました。

    清水新監督に大榎氏「全身全霊ささげたい」(日刊スポーツ)
    http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp1-20140730-1343003.html
    成績不振のJ1清水は30日、アフシン・ゴトビ監督(50)の解任と、元日本代表でユースチームを指揮する大榎克己氏(49)の監督就任を発表した。

    静岡市内で記者会見した大榎氏は「エスパルスの監督という夢のような仕事をいただいた。腹をくくって、全身全霊をささげたい」と意気込みを語った。

    チームはここまで6勝3分け8敗の12位に低迷する。仙台、C大阪に続き今季のJ1で3チーム目の監督交代となった。

    大榎氏は現役時代、清水でJリーグ通算252試合に出場。上位の常連だった1990年代後半のチームを理想に挙げ「順位も含めて、あのころくらいのサッカーに戻したい」と抱負を述べた。残り17試合の目標について「絶対に下のカテゴリー(J2)に落としてはいけないという強い気持ちがある。うまくいけば上位にもいける」と話した。
     
    P2014073002561_ohenoki-ns-big

    克己さんが「全身全霊で」と言っている以上、サポーターも全身全霊で支えて、応援して行かないといけませんね。
      【大榎克己新監督就任「全身全霊をささげたい」 ユース監督には平岡宏章ユースコーチが昇格】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    公式の発表ではありませんが、清水エスパルスがアフシン・ゴトビ監督を解任すると報じられています。後任には大榎克己ユースチーム監督が就任する模様。

    ghotbi



    【アフシン・ゴトビ監督を解任 後任には大榎克己ユース監督が就任との報道】の続きを読む

    このページのトップヘ