(旧)清水エスパルス遅報

移転しました。【URL】 http://www.spulse.info/

    田坂和昭

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    クラブから田坂和昭監督が今シーズン限りで辞任することが発表されました。

    田坂和昭 監督辞任のお知らせ(清水公式)
    http://www.s-pulse.co.jp/news/detail/31547/
    このたび、清水エスパルス 田坂和昭監督が今シーズンをもって辞任することとなりましたので、お知らせします。
    なお、後任につきましては現時点では未定であるため、決定次第お知らせいたします。
    img_e39cd500f02028aa894beeccbcee2990151961

    また、強化部は原靖強化部長が辞任し、新たに伊達倫央育成部長が強化部長に就任することになりました。(強化育成本部長兼任)

    原靖 強化部長辞任のお知らせ(清水公式)
    http://www.s-pulse.co.jp/news/detail/31549/

    伊達倫央 強化育成本部長兼強化部長就任のお知らせ(清水公式)
    http://www.s-pulse.co.jp/news/detail/31546/
    【伊達倫央 コメント】
    『これまで長きにわたり育成部門に携わってきましたが、このたび強化育成本部長および強化部長の重責を任されることになりました。現在、チームが厳しい状況下であり、責任を重く受け止めております。1年で必ずJ1に昇格させることを常に意識しながら選手、コーチングスタッフと連携を高めて、エスパルスの復活を目指します。これまでエスパルスを応援、ご支援していただいてきた方々、選手OBの皆さまの気持ちを汲み、邁進して参りますので、今後ともよろしくお願いいたします。』
    田坂監督との契約は1年半だったということですが、任期を1年残して半年で退団することになりました。リーグ戦11試合を戦って今まで1勝。J2降格を避けることができずにその責任をとることになった、ということでしょうか。

    最初から厳しい目標が掲げられている中、あえてそれを請けてくれた田坂監督。結果が出ずに残念なことになってしまいましたが、監督を引き受けてくださったことには最大限の感謝の気持ちを送りたいと思います。

    リーグ戦残り1試合、勝って監督を送り出したいですね。

    また、強化部長は原さんから伊達さんに。2011年にアフシン・ゴトビ元監督就任と時を同じくして清水に入団した原強化部長。優良外国人選手の獲得についてはファンから評価されましたが、国内の選手については同じようなポジション・特徴の選手が集まったり、懸案であったサイドバックの効果的な補強がなかったり、選手編成や強化については大局的な視点でのチーム造りができず、今シーズンの結果を受けて辞任ということになりました。

    伊達新強化部長は内部での異動ということで現状も把握されているでしょうし、効果的な強化を期待したいと思います。ポルトガル語が堪能ということで、ブラジル人選手の補強があるかもしれません。

    【田坂和昭監督の辞任を発表 コーチングスタッフは入れ替えに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    20日深夜にテレビ静岡で放送された「LOCO!エスパルス2015」のゲストは田坂和昭監督でした。放送の中での質疑応答をまとめてみました。
     
    6c1848ad.g

    大榎監督の継承するもの、変えていくもの、どう捉えていますか?

    「もちろん、人なので克己さんの考えと私の考えと多少異なることはあるんですけれど、途中から私が指揮をとるなかで今シーズン克己さんがやったいいところはみんなが喋りながらとか、コミュニケーションを取りながらやるっていう...特に練習でも克己さんは選手に話をさせていましたので、そういうところは継続させないといけない部分かなと。それは試合を戦う上で重要なコミュニケーションになりますので、そういうところは継承しつつ、けど走らなきゃいけないとか、戦わなければいけない気持ちっていうところは私は変えたいなと思っています。」

    【LOCO!エスパルス2015 田坂和昭監督の質疑応答まとめ&DF角田ショートインタビュー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    リーグ戦再開を前に、田坂和昭監督代行の監督就任が発表されました。

    田坂和昭 トップチーム監督就任のお知らせ(清水公式)
    http://www.s-pulse.co.jp/news/detail/30327/
    このたび、清水エスパルストップチームの監督に、田坂和昭監督代行が就任することが決定しましたので、お知らせいたします。
    田坂和昭監督代行は大榎克己前監督の辞任に伴い、代行として練習の指揮を執ってまいりましたが、明日からのリーグ戦再開に向けて、正式に監督に就任いたします。

    田坂 和昭 (Kazuaki TASAKA)

    【出身地】 
    広島県広島市

    【生年月日】   
    1971年8月3日

    【選手歴】
    1994年~1998年    ベルマーレ平塚
    1999年         清水エスパルス
    2000年~2002年    セレッソ大阪

    【指導歴】
    2003年                  セレッソ大阪U-18コーチ
    2004年~2005年     セレッソ大阪コーチ
    2006年~2010年     清水エスパルスコーチ兼サテライト監督
    2011年~2015年5月    大分トリニータ監督
    2015年7月        清水エスパルスヘッドコーチ※8月~監督代行

    【資格】
    日本サッカー協会公認S級コーチライセンス(2006年1月取得)
    2af594f8.g

    【田坂和昭監督代行が正式に監督就任!残りリーグ戦12試合にすべてを懸ける】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    今朝の静岡新聞で報じられたとおり、大榎克己監督の辞任が発表されました。昨年の7/30に就任してからほぼ丸1年で再び監督が交代することとなりました。現状では田坂和昭ヘッドコーチが監督代行として指揮をとることになります。

    大榎克己監督 辞任のお知らせ(清水公式)
    http://www.s-pulse.co.jp/news/detail/30231/
    このたび、大榎克己監督が辞任することが決定いたしましたので、お知らせします。
    なお、後任は田坂和昭ヘッドコーチが監督代行を務めます。

    【大榎前監督 コメント】
    『いつもご声援、ご支援をいただき本当にありがとうございます。しかしながら、皆さまのご期待にお応え出来ず、誠に申し訳なく思っております。昨年7月にトップチーム監督の要請を頂戴してから、ちょうど1年となります。昨年の苦しい残留争いを抜け出し、その経験から今年こそはと臨んだシーズンでしたが、これまで思うような成績が挙げられず責任を重く感じております。今は厳しい状況をなかなか抜け出せておりませんが、もちろん誰も諦めてはおりません。しかし、残りのシーズン1/3を残す今、私が身を引き、田坂ヘッドコーチをはじめとするスタッフに委ねた方がチームのためには良いと決断しました。ここに至るまでは何度も自問自答し、熟慮した結果であります。これまで一緒に戦ってきたスタッフ、選手たちには本当に申し訳なく思っておりますが、彼らの力ならば、必ず浮上していけると信じています。そして、誰よりもエスパルスを愛する気持ちはこれからも変わりません。これまで支えてくれたチーム、フロントの皆さま、スポンサーの皆さま、そしていつも温かく背中を押してくれたサポーターの皆さまに心から感謝申し上げます。これからもエスパルスをよろしくお願いいたします。』
    5164_ext_04_0
    就任当時は希望に満ち溢れていたが...。

    J1清水、大榎監督辞意 田坂ヘッドが代行か(静岡新聞)
    http://www.at-s.com/sports/detail/1174219568.html
    サッカーJリーグ1部(J1)清水エスパルスの大榎克己監督(50)が、成績不振の責任を取って辞任する意向をクラブに伝えたことが31日、分かった。後任に田坂和昭ヘッドコーチ(43)が監督代行に起用される見通し。

    大榎監督は昨年7月、解任されたアフシン・ゴトビ前監督の後任として清水エスパルスユース監督から昇格。静岡市清水区出身で、クラブの創生期に活躍したOB監督はチームの再建を託されたが、昨季は最終節でJ1残留を決めるなど低迷した。

    今季は3~5月にクラブワーストタイのリーグ戦9戦勝ちなしを記録するなど第1ステージは最下位。第2ステージも1勝2分け2敗と苦戦し、年間順位は17位。J1に残留できる15位とは勝ち点3差で、厳しい状況が続く。大榎監督の采配したリーグ戦は通算8勝9分け22敗。

    元日本代表MFの田坂氏は広島市出身。東海大一高(現東海大翔洋高)、東海大を経て、ベルマーレ平塚(現湘南)や清水でもプレー。引退後は清水などでコーチを務めた。11年、J2大分トリニータ監督に就き、12年にJ1復帰させたが、1シーズンで降格。今年6月に解任された。
    <大榎監督辞意>2年連続の途中交代 低迷状況深刻さ示す(静岡新聞)
    J1清水の大榎監督が辞意を固めた。清水が2年連続でシーズン途中の監督交代という異常事態を招いたことは、低迷からの脱却を目指すチームの現状がいかに深刻かを如実に示している。

    将来のビジョンが不透明なクラブに、魅力を感じない主力選手が2010年オフ以降、大量に去るなど、チームは基盤から揺らいでいた。補強に本腰を入れたのは、年間勝ち点で16位大宮に1点だけ上回り、辛うじてJ1に残留した昨オフから。低迷の責任が大榎氏の采配のみに帰結するものでないのは明白だ。

    1993年のJリーグ開幕から1度も2部降格がない清水の財産は「人材」にある。黎明(れいめい)期からクラブを支えてきた大榎氏は、選手やスタッフからの信望も厚い。“火中のクリ”を拾った同氏の強い要望で、巣立っていった田坂氏らOBやスタッフを清水に戻し、体制の整備は進めていたが、残り12試合。辞任の決断しか選択肢が見当たらないところまで追い詰められていた。
    【大榎克己監督が成績不振の責任をとって辞任 田坂和昭ヘッドコーチが代行へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    6月にJ2大分トリニータの監督を解任されていた田坂和昭氏が、清水のヘッドコーチに就任することが本日発表されました。清水OBでもある田坂さんには解任当時からコーチ就任を望むサポーターの声が多く寄せられていましたが、それが現実のものとなりました。
     
    解任からわずか1ヶ月での現場復帰。素早い動きを見せたフロントには感謝です(最近はフロントにも批判が集まっていましたが…)。田坂コーチは現在行われている御殿場合宿に合流しています。

    田坂和昭 トップチームヘッドコーチ就任のお知らせ(清水公式)
    http://www.s-pulse.co.jp/news/detail/29795
    このたび、清水エスパルストップチームのヘッドコーチに、田坂和昭氏が就任することが決定しましたので、お知らせいたします。

    田坂 和昭 (Kazuaki TASAKA)

    【出 身 地】   
    広島県広島市

    【生年月日】   
    1971年8月3日

    【選 手 歴】
    1994年~1998年 ベルマーレ平塚
    1999年 清水エスパルス
    2000年~2002年 セレッソ大阪


    【指 導 歴】
    2003年 セレッソ大阪U-18コーチ
    2004年~2005年 セレッソ大阪コーチ
    2006年~2010年 清水エスパルスコーチ兼サテライト監督
    2011年~2015年5月 大分トリニータ監督

    【 資  格 】
    日本サッカー協会公認S級コーチライセンス(2006年1月取得)

    【田坂和昭 新ヘッドコーチ コメント】
    「このたび、4年半ぶりに清水エスパルスに戻ってくることになりました。これまでの指導者としての経験が、チームに良い形で還元出来ればと思っています。チームの目標達成のために、チームスタッフと協力しながら大榎監督をサポートし、選手と共に戦っていきますので、今後ともよろしくお願いします。」

    尚、田坂和昭ヘッドコーチは本日(7/2)午後練習よりチーム合流の予定です。

    内田一夫ヘッドコーチはチーム総合力向上に資するため、サテライト監督に就任します。
    20110105-2-2994-01

    【前J2大分監督の田坂和昭氏がヘッドコーチで清水復帰!守備のテコ入れ?チームのテコ入れ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    J2大分トリニータ田坂和昭監督を今シーズンの成績不振で解任することを発表しました。

    田坂和昭監督 解任のお知らせ(大分公式)
    http://www.oita-trinita.co.jp/news/detail/index_1_3564.php
    この度、田坂和昭監督を解任することが決定いたしましたのでお知らせいたします。
    なお、後任監督の決定・就任まで、柳田伸明 強化・育成部長が監督代行を務めます。 
    165128992-500x400

    田坂監督は2011年から大分で指揮を取り、2012年にはJ1に昇格も果たしています。しかし今シーズンは下位に低迷。現在クラブはJ2最下位です。

    【J2大分が成績不振で田坂和昭監督を解任 清水サポからコーチとして招聘を希望する声多数!】の続きを読む

    このページのトップヘ